映画

ボス・ベイビーの映画レビュー・あらすじ

ボス・ベイビーを見たので、レビュー・あらすじを紹介します!

あらすじ

ティムという男の子が主人公で、お父さんとお母さんの三人暮らしで平穏な日々を過ごしていました。そんなところに、突然スーツを着たボス・ベイビーがやってきます。

しかも、このベイビーちょっと生意気。

ティムは、赤ちゃんなんかいらないよ、パパとママをとらないでというようなスタンスであの手この手でベイビーの正体を暴き両親に伝えようとします。

勿論、両親は取り合うわけもなく物語は進んで行くのですがボスにはあるミッションがあります。これは、ティムの元へなぜ来たかという重要な鍵となるのですが、両親の職種とも関わってきます。

最初はあの手この手で出てってほしいティムですが徐々にボスのことがわかってきてミッションに協力するうちに絆を深めていきます。

ミッションに失敗したりで後がないボスはティムとチームを組みますが危ない目にもあいます。ファンタジーな部分が多いのですが、兄弟がいるからこその我慢など現実に付随するようなシーンもあります。

最終的にミッションは成功するのか?果たしてボスベイビーのミッションが成功したらどうなってしまうのか?会社の昇進を狙うボスベイビーのラストはとっても面白い内容になっています。

ティム、両親、ボスの成長や心の変化に注目しながら物語を観ていくととても楽しい作品になっています。

何度見ても飽きない!その内容とは?

子供の世界観を大事にしたいい作品だと思います。

ティムの空想世界などは、子供はこういう風に世界を見ているのかと驚かされますし、色彩もビビッドでかわいいです。

アニメならではのかわいさや、コミカルさが描かれており大人でもクスッと笑えます。オマージュが取り入れられてる点もポイントが高いです。

劇場では平日でも混雑しており小学生から高校生まで大人も含めて人気な作品だったようで、幅広い層にウケる作品だと感じました。

感覚としては、ティムの子供らしさもかわいいですし、ボスの大人な中身と可愛らしい見た目のギャップも楽しめます。ボスが踊るシーンなどは特にかわいいです。

子供達には戦闘シーンがハラハラさせられると思います。

単純に、笑うために見る映画としても良いですが、赤ちゃんが家に来て戸惑うお子さんがいる家庭などにもぜひ見てほしい作品です。

グロテスクなシーンや汚いシーンがないので、年末や連休にスカッとしたい家族にオススメの映画です。肩肘はらずに、見ることができるので男女問わず楽しく見れます。テーマ設定もしっかりしているので、楽しいだけではなくちゃんと伝えたいことが伝わる作品になっています。

一度だけでなく二度見ても面白い内容になっていると思います。

みどころは?

映画の見どころは、ティムとボスの戦闘シーンや協力して敵から機密ファイルを盗もうとするシーンです。

ハラハラドキドキの展開とちょっぴり感動するシーンが笑いを織り交ぜながら展開して行くのであっという間に物語が進んでいる感覚になります。

映画の中でちょこちょこ小ネタが挟んであるのも魅力です。アニメならではの可愛らしい世界観にも浸れますし、お子さんをお持ちの方は子供の小さい頃を思い出してクスッと笑ったり泣けたりできる部分があると思います。

育児に奮闘するシーンなどは特にリアルに描かれているので子供にもこんなに赤ちゃんを育てるって大変なのだとわかってもらえるかもしれません。

個人的には、ボスがはじめて家にやってきた日やティムとボスが敵と戦うシーンが見応えがあると思います。

はじめて家に来た時は、なんだこいつ?というような反応を見せるティムですが子供のそういった感覚を大人が知ることもとても大事なことだと思います。ボスと協力するシーンでは、ティムがボスを励ましたりボスがティムを励ますというような協力姿勢が見られるので子供の教育にも良いのではないでしょうか。

最初の赤ちゃんはどこからやってくる?というような裏設定もしっかりしているので面白いです。

おすすめポイント

おすすめ音楽は、劇中にちょこちょこ流れるビートルズのブラックバードやwhat the world needs loveなどです。歌詞などからこの映画のテーマを伝えようとしていると思います。

出演している俳優というより声優さんなのですが、ムロツヨシさんや芳根京子さんなどの有名な方々が吹替担当されており声での演技も見どころだと思います。

特にムロツヨシさんは初挑戦なんだそうです。芳根さんは、男の子を女性が吹替担当するということでちょっと面白い設定だと思いました。

朝ドラのイメージがありましたがこういった役にも挑戦される点でも見どころですね。フランシス・フランシス役は山ちゃんこと山寺宏一さんが担当されてるということでおはスタ世代の人達にはより親近感が湧くのではないでしょうか。

豪華なキャストが揃っているので、ぜひ声にも注目して見ていただければと思います。ボスはティムよりダンディな声をしているのでそこも面白いですね。

まとめ

いかがでしたか?

赤ちゃんに関する映画ということで育児中のママや、最近お兄さん、お姉さんになったお子さんにも見てほしい映画です!

 

こちらの記事もおすすめ!