子育て

ベビーチェアはいつから使用できる?ベビーチェアおすすめ3選をご紹介

そろそろ離乳食も始まるし、ベビーチェアを買ってあげたいなーと
考えていませんか?

ベビーチェアは様々なメーカーから出ているので、
どれを選ぶべきか悩んでしまいますよね。

安全で使いやすいベビーチェアを体験談をふまえて、ご紹介させていただきます!

ベビーチェアはいつから使用していいの?

赤ちゃんがベビーチェアを使用してもいいかどうかは

首が座っているか
腰がすわっている

この2点が重要になります。

この2つをクリアしていればベビーチェアを使用しても問題ないでしょう。
まだ腰がすわってないなど、条件を見大抵ない場合は
赤ちゃんの身体に悪影響を与える可能性があるので

ハイチェアなどのベビーチェアの使用は控えてください。

主に腰がすわるのは5カ月前後と言われています。
もし首が座った時に利用できるベビーチェアを検討している場合は
ソフトタイプのローチェアの購入を検討してはいかがでしょうか。

ベビーチェアの選び方は?

ベビーチェアは椅子の高さや値段など様々な部分が違います。
各家庭にあったベビーチェアを購入するようにしましょう。

ソフトタイプのベビーチェアとは

一般的に「バンボ」などのソフトタイプのローチェアであれば
3ヵ月頃の首が座ったころから使用することが可能です。
以下が代表的なソフトタイプのベビーチェアになります。

バンボ
カリブ
ingenuity

どれも柔らかく赤ちゃんの身体を包み込むような形のローチェアになります。
また専用プレートやベルトなどもついていますので、
赤ちゃんが落ちないように安全設計になっています。

ベビーチェアの注意点

ベビーチェアを選ぶ際には注意点があります

赤ちゃん用テーブルの有無
安全ベルトがついているか

上記を確認の上、購入するようにしましょう

赤ちゃん用テーブルの有無

ベビーチェアによっては赤ちゃん用のテーブルがついていないものもあります。
大人と同じ机で一緒に食べるのであれば不要ですが、
ベビーチェア上で食べさせたい場合には、赤ちゃん用のテーブルが必須になりますので、有無は必ず確認するようにしましょう

安全ベルトがついているか

赤ちゃんは腰が据わった後もお座りが上手になるまで、まだまだ時間がかかります。
身を乗り出したり、落ちたものを拾おうとしたり、常に落下の危険性が付きまといます。
必ず事故を防ぐためにも、安全ベルトのついている商品を選ぶようにしましょう。

おすすめのベビーチェア

ハイチェア ベビービョルン


少し割高にはなりますが大きくなるまで使用できますし、
なんといっても赤ちゃんが立つことができない設計になっており、
落下の危険性がぐっと下がります。

我が家でも使用していますが、ヒヤッとしたことが一度もありませんし、
本当はダメなんですが、少し目を離していても大丈夫なくらいの安心感があります。

テーブルも2重になっていて取り外して洗うことができるので非常に便利ですよ

バンボ ベビーソファ


我が家では腰が据わるまではバンボを使用していました。
しっかり身体を固定してくれるので、ご飯も上げやすかったです。

また、別売りですが専用のテーブルもあり、こちらも洗うことができるのでお勧めです。

ingenuity


家にある椅子に取り付けて使用できるので場所を取らず便利です。
備え付けのテーブルも椅子本体にしまうことができ、片付けには最適です。
また、内椅子の部分を取り外すことができるので、
3歳くらいまで使用でき、コスパ的にも良い商品になります。

おわりに

いかがでしたか?
赤ちゃんの初めての椅子は素敵なものを選びたいですよね。

赤ちゃんの成長にあった素敵な椅子を選んでくださいね。

こちらの記事もおすすめ!