子育て

抱っこ紐のおすすめはコレだ!新生児から使える!肩こり、腰痛予防に効果のある商品をご紹介!

赤ちゃんが産まれたから必ず必要になる抱っこ紐。
どの商品を選べばいいか、種類がたくさんあって悩みますよね。
私はもともと腰痛持ちだったので、どの抱っこ紐を選べばいいか本当に悩みました!

今回は新生児から使えるおすすめの抱っこ紐「BABY&Me」を体験談を踏まえてご紹介します!

うさぎさん
うさぎさん
私も色々口コミを探した結果、失敗の連続だったのでぜひ参考にしてください

抱っこ紐の選び方のポイントは?

抱っこ紐を選ぶ上で重要視したいポイントは、まず使用方法が簡単かということです。

「BABY&Me」に出会うまで様々な抱っこ紐やスリングを試してきましたが、その中でも装着方法が簡単というのは何よりも大事なポイントだと実感しました。

特に初めて赤ちゃんを産むママさんは赤ちゃんの抱っこでさえままならないような状態だったりするかと思うので、装着方法が簡単というのは一番重要視するべきポイントです。

「BABY&Me」の抱っこ紐の特徴は?

「BABY&Me」の抱っこ紐はヒップシートがついているのが大きな特徴です。

このヒップシートがあることによって、腰への負担と方への負担が大きく減少し、肩こり腰痛予防になります。
一度使用してみればわかるのですが、ヒップシートがあることで、通常の抱っこ紐に比べて本当に肩も腰も楽です。
またオプションの商品やラインナップも充実していて、生活防水使用のものや軽量化されているものなど色々と選ぶことができます。

使い方もヒップシートのみで使用することができるため、6WAYもの使い方があります。

また、メッシュの裏地を使用しており、背中側を開くことができるため、風通しをよくすることができ、夏でも快適に過ごすことができます。

公式HPからレンタルすることもできるので、購入してから「思ったのと違った・・」とがっくりすることもないかと思うので、ぜひ利用していただければと思います。
(レンタルは非常に人気のため、時期によっては行っていないときもあります)

抱っこ紐選びの失敗談

私は最初、新生児の頃は特に何も考えず、口コミを見て一番有名なエルゴと家でも使用できるようにスリングを購入しました。
これが大きな間違いで、私が購入したエルゴは新生児用のパッドが必要なもので装着方法が思ったよりも難しかったんです。
おそらく慣れてくれば難なく使用できたのでしょうが、
新生児の頃は普通に縦抱っこするのでさえ怖かった上に、不器用な私には装着方法が複雑なエルゴはとてもじゃないけれど使用できませんでした。

また同じ理由でスリングも購入したはいいけれども、うまく装着できず、落下してしまいそうな恐怖があったため使用を断念することになりました。

新生児期の抱っこ紐を選ぶポイント

今回オススメする「BABY&Me」は新生児パッドがあれば、新生児のときから使用することが可能です。

1つの抱っこ紐で長く使いたいという場合には、「BABY&Me」であれば新生児~4歳まで使用することができるので大変おすすめです。

また、個人的にはもちろん最初から「BABY&Me」を利用していただいてもいいと思うのですが、装着方法がさらに簡単な別の抱っこ紐「ベビービョルン」を利用してもいいかなと思います。
特にベビービョルンの「MINI」は新生児からの使用に特化しており、装着がどこの抱っこ紐よりも簡単にできるので非常におすすめです!

 

ただ、ベビービョルンの「MINI」は肩に大きな負担がかかるので、長期間使用するのには向いていません。

口コミなどでも大きくなるにつれて、別の抱っこ紐に変更したという意見も見られました。
私自身も子どもが6キロを超えたあたりからは、次第に使用すると肩が痛くなっていました。
体重が重くなってきた際には「BABY&Me」にしていただき、使い分けていただくといいのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたか?

抱っこ紐は安い買い物ではないので、ご自身にあった抱っこ紐をぜひ選んでいただければと思います。
個人的には長期間利用できるBABY&Meの抱っこ紐は非常に便利だと感じています。

うさぎさん
うさぎさん
私は子どもが自分で動きたがるようになったら、ヒップシートだけで利用したり、シーンに応じて様々な使用方法を取れたので、お出かけがとても楽になりましたよ

ぜひ一度レンタルだけでもお試ししてはいかがでしょうか?

こちらの記事もおすすめ!