子育て

子供の体重が増えない!?そんなときはどうすればいいの?

先日友人から小学生の子供の体重が増えないと相談を受けました。

二人して色々と調べたりしたので、ぜひ同じように悩むママさんにも知っていただければと思います!

うさぎさん
うさぎさん
体重って何歳になっても思い通りにいかないですよね

友人の息子さんは小さい時から元気が有り余っているほど元気な子供ですが、小柄で細身の体形は大きくなってからも全く改善することなく、食が少し細めで食べるのが遅いのでお腹がいっぱいになってしまいやすい子でした。

ご主人が筋肉増幅のために飲んでいたので、小柄でかなり痩せ気味の息子さんにもご主人と同じプロテインを飲ませることにして息子さん専用のココア味のプロテインを購入しました。

不味い物や嫌いな味のものは絶対に口にしない息子さんなので、甘くて飲みなれているココア味のプロテインなら骨の成長を促し筋肉も増強できると思ったい、少しでも体重が増えればとプロテインを飲ませることにしました。

子供向けのプロテインとは?

 

ココア味のプロテインは牛乳で割って飲むと甘くて、子供でもとても飲みやすい味になっています。

そのため息子さんも全く嫌がることなくココア味のプロテインなら飲んでくれました。

毎日コップ一杯弱のココア味のプロテインを飲ませていますが、背もとても小柄な子なので、プロテインを飲んだことによって筋肉が増加しても背が伸びなくなってしまっては困ります。

息子さんはココア味のプロテイン自体が好きなので嫌がらずに飲んでくれているので、現在は毎日コップ一杯のプロテインを飲ませながら、少しでもたくさん食べるためにお天気がいい休日は午前中に家事をできるだけ済ませて、息子さんと数時間、公園や学校の校庭で遊んいます。そこでお腹を空かせ少しでもエネルギーをたくさん摂取させることにしました。

友人は疲れますが、息子にとっては外遊びは楽しいので、嫌がらずに出かけてくれるので数時間だけでも走り回れば、食も増えてプロテインで筋肉がつきすぎず背も伸びるのではないかと思いました。

身体的変化があった?

息子さん自体は外で遊ぶことを喜んでいますが、宿題が多い日は休日の午後から数時間外で遊んでしまうと疲れてしまって宿題がなかなか進まなくなってしまいます。

疲れがピークに達するとご飯も食べず、お風呂も入らずに勝手に寝てしわれるのはデメリットであり、数時間とはいえ休日のたびに息子さんの外遊びに付き合う友人の負担が増えてしまう事はデメリットです。

昔から元気いっぱいの息子さんでしたが数時間でも外遊びすることが定番化したころから、さらに体力がつき小柄でかなりの痩せ気味ですが、少しずつ力もついてきました。

鉄棒ではグライダーや空中逆上がりも簡単にできるようになり、外で遊ぶとストレス発散になるのか宿題や勉強をやりたくないと言ったりすることはなくなりました。

外で数時間走り回ると体力がある息子さんでもつかれるようで、外で数時間遊んだ日は休日でも自分から歯を磨き、お布団に入るようになったことは、自分で時計を見て行動できるようになった大きな進歩でした。

まとめ

外遊びは走り回ることが嫌いな子供のほうが圧倒的に少なく、大体の子供は外が大好きです。

よく食べさせる、体力をつける、早く寝かせる時には疲れさせることで食も増え、体力もつき、早く寝るようになるので確実に効果はあると思っています。

プロテインに関しては子供に必要ではないのかもしれませんが、スポーツをするには絶対に筋肉がついていたほうが有利なので飲ませてみる価値はあります。

痩せ気味な子はまず、食が細いことが問題なので走らせて疲れさせてたくさん食べさせることと、プロテインで筋肉をつけることを中心に改善していくといいのではないでしょうか。

こちらの記事もおすすめ!