子育て

赤ちゃんと大人用ベッドで添い寝していいの?

赤ちゃんのベビーベッド買うか悩んでいませんか?
ベビーベッドは高いし、レンタルするにしても安くない・・。
大人用ベッドで一緒に寝れたら楽なのに。

そんな風に考えていませんか?

大切な赤ちゃんの寝る場所は慎重に考えたいですよね。

そもそも赤ちゃんと大人用ベッドで添い寝していいのか、
添い寝するためにはどうすればいいのか体験談も併せて紹介していきたいと思います。

うさぎさん
うさぎさん
我が家でも添い寝対策を色々しながらベッドで一緒に寝ていますよ

新生児や赤ちゃんとの添い寝はいつからできる?

床に布団を敷いての添い寝の場合であれば、新生児からでも添い寝することは可能です。
布団であれば顔が埋もれて窒息してしまう心配も少なく、安心して一緒に添い寝することもできます。

ただ、布団の場合にはほこりが床に漂いやすいので、掃除等こまめに行う必要があります。

また、ベッドでの添い寝は添い寝用のグッズ等を使用せずに行うのは、窒息の危険があるため避けましょう。
小さい赤ちゃんは毛布や布団が顔にかかるだけでも窒息してしまう可能性があります。
大人用のマットレスは柔らかすぎるため、顔が埋もれてしまい窒息の恐れがありますので注意が必要です。

大人用ベッドでの添い寝はいつからできる?

大人用ベッドでの添い寝は首が座ってからがいいでしょう。
ただし、大人用のマットレスはまだまだ赤ちゃんにとっては柔らかすぎるため、
添い寝用のグッズを使用した方が安心です。
また、この頃から寝返りをし始める子も増え、
ベッドから転落する恐れも出てくるので、転落防止の対策をとることも必要です。

大人用ベッドで添い寝をすることは可能ですが、必ず対策をしてからおこなうようにしましょう

大人用ベッドでの添い寝に潜む危険は?

上記でも説明したように、大人用ベッドには何点か危険性があります。

・ベッドから転落する危険性
・窒息する危険性
・寝返りで下敷きにする危険性

ベッドから転落する危険性について

ベッドから頭から転落すると私たちが想像する以上に、小さい子は大きなダメージを負うことになります。
また、一緒に寝ているときは大人の体でガードできますが、
お昼寝中など一人で寝かすときにはさらに転落の危険性が増すので注意が必要です。

転落防止のためにも専用のグッズや、床にクッションを敷き詰めるなど対策を取ったほうがいいでしょう

窒息する危険性

小さい赤ちゃんは大人用のマットレスは柔らかすぎるので、窒息する危険性があります。
また大人の毛布や布団も重すぎるため顔にかかると窒息してしまいます。
赤ちゃんの何気ない寝返りでさえ、窒息の危険性が含まれていることを念頭に対策するようにしましょう。

寝返りで下敷きにする危険性

ママは基本的には赤ちゃんを避けて寝れるように本能が備わっているそうですが、
パパはそうはいきません。
ぐっすり寝てしまう人や寝相が悪い人とは一緒に寝ない方が良いでしょう

我が家の添い寝事情

我が家ではベビーベッドは購入しましたが、
一人で寝かせようとすると大泣きしてしまい、寝てくれなかったため、
一時期大人用ベッドで一緒に寝ていました。

ただ、私は窒息や転落が一番怖かったのでしっかり対策を取りました。

まず、マットレスが柔らかすぎるのを改善するために、
ベッドの中央に子供用の小さめのマットレスを敷きその上に寝かせていました。
大人たちはかなり狭くなりますが、それで窒息が防げるならと我慢して寝ていました。

また、マットレスだけでは寝返りで落ちてしまったり、
大人用の掛布団が顔にかかる危険性もあったため、
「ベッドインベッド」を子供用マットレスの上に敷きました。

これだけ対策をしたおかげで今まで転落や窒息などヒヤッとした体験自体も現在までありません。
やはり一緒のベッドで寝ると寝顔と寝息にとても癒されるので、
ぜひ一緒に寝ることを検討してみてもいいと思います。

大人用ベッドで添い寝するための便利グッズ

大人用ベッドで添い寝するためには色々と対策をした方が安全です。
常に不安を感じながら寝るよりも、対策はした方が良いと思うので、
ぜひ便利グッズの購入を検討してください。

1.窒息対策にベッドインベッド

 

大人用ベッドに置くタイプの赤ちゃん用のベッドです。
私も使用していましたが、横のクッションのお陰で大人が寝ているところに、
転がってくることもないですし、布団がかかって窒息する恐れもないので安心です。

また、子供は寝ている間に以外に腕や足を振り回すので、
大人の安眠も保証される優れものになっています。

安心して快適な眠りを得ることができますよ
こちらのベッドインベッドも持ち運びできるのでお勧めです。

2.転落対策にベッドガード


転落対策にベッドガードを利用するのもいいと思います。
片側は壁にくっつけてもう片方にベビーガードを使用するといいでしょう。

ただし、近年ベッドガードでの窒息事故も起こっています。
赤ちゃん一人で寝かせたりすることがないように気を付けましょう。

また、ベッドガードの利用は1歳6カ月以降を推奨されています。
使用推奨環境をしっかり守って利用を検討するようにしましょう。

3.転落してしまった際の予防策

 

万が一転落してしまった時のために、コルクボードなどクッションを
ベッド周りに敷いておきましょう。
直にフローリングに落ちてしまうよりは大分違うはずですので、
対策しておくことをお勧めします。

まとめ

いかがでしたか?

赤ちゃんと一緒に寝れるとコミュニケーションも増え、幸せな気持ちになれますよね。
ただメリットもある反面、窒息などのリスクもあるので、
しっかり対策を立てて添い寝をしてくださいね。

パンダくん
パンダくん
子供の成長に合わせて色々と対策を練るようにしましょう。
こちらの記事もおすすめ!